スタッフブログ

wheelchair-superiority

犬の車いす(わんステップ)の特徴を紹介。自作では作れない職人のこだわりポイント!

こんにちは!!
 
わんステップの「まさと」です。
 
昔に比べて「犬の車いす」も少しずつ世の中に浸透してきていて、お客様の中にも「自作で挑戦してみた。」という声をよく耳にするようになりました。
 
また、犬の車いすを製造する企業や個人の方も増えてきたように思えます。
 
 
ただ、車いすは、安い買い物では無いですし、家族も同然の愛犬のためのものです!
 
選択肢が増えれば増えるほど、どれを購入すればよいか悩んでしまいますよね^^;
 
自作」には、「自作」の良さがありますし、「他社さんの車いす」には、「他社さんの車いす」の良さがあります。
 
そこで、今回は、わんステップの車いすの特徴について、ざっくりと紹介していきたいと思いますので、参考にして頂ければと思います。
 
 
 

わんステップの犬の車いすの特徴について

 
最近、冒頭でも紹介しましたが、犬の車いすを自作する方も増えてきています。
 
GoogleやYahooなどの検索でも「犬の車いす 作り方」というキーワードがかなり多く検索されているようですね。
 
私も「腕に自信があり、自分で作成できる」という方は、是非、挑戦されてみることをおススメします。
 
やっぱり、一番身近な人の手作りに勝るものはないですからね^^
 
車いすを製造・販売しているスタッフが自作をおススメして良いものか、分かりませんがw
 
ただ、怪我しないように、頑丈なものを作ってあげてください^^
 
手作りの特徴は、何と言っても「愛情」ですね。
 
 
 

さて、では、他社さんで「今、一番話題なのは?」というと「工房スイーピー」さんでしょうか。
 
テレビなどのメディアでも話題に取り上げられていますね!
 
工房スイーピーは、大阪に住む川西さんご夫婦が営んでいて、愛犬(ミニチュアダックスフンド)の病気がきっかけで立ち上げられた工房だそうです。
 
2013年に立ち上げてから、ずっと、世の中のわんちゃんのために車いすを作り続けているとのことで、まさに「工房スイーピー」さんの特徴は「優しさ・温かみ」と言ったところでしょうか。
 
 
さて、では、「わんステップの車いすの特徴は?」というと、「こだわり」だと感じています。
 
勿論、愛情や優しさを持っていないわけではありませんが^^
 
wheelchair-superiority2
 
 
そこで、「どんなところにこだわりを持っているのか…」「どんな特徴があるのか…」というところを、紹介していきます!
 

丈夫・安定・軽い

 

wheelchair-superiorityx1   wheelchair-superiorityx

 

車いすは、愛犬の足となるものですので「丈夫さ」「安定」については、細心の注意を払っています。
 
また、大型犬用でも女性が片手で簡単に持ち上げられるくらいの軽さで、飼い主さんにもなるべく負担をかけないように設計しています。
※手で持っている写真は中型犬用2輪です。

 
 

採寸が一か所のみ(アタッチメント型車いすを開発)

 

wheelchair-superiorityx2 wheelchair-superiorityx3 wheelchair-superiorityx4-2

 

アタッチメントを開発・採用しており、高さと長さを自由に調整できるようになっています。
 
そのため、採寸で必要なのは横幅だけで、「採寸の仕方が分からない」「遠くて試着訪問したいができない」というお客様にもピッタリなものを提供出来るように考えました。
 
また、もし、わんちゃんが亡くなってしまっても、使い捨てにならず、他のわんちゃんにも再利用しやすいというのも特徴と言えるかもしれません。

 
※2020年2月5日現在、諸事情によりアタッチメント型の製造を一部制限しており、お客様には横幅以外の採寸のご協力をお願いしております。
 
 

見た目がかわいい

 

wheelchair-superiorityx6   wheelchair-superiorityx5

 

素材として、アルミを使用した車いすも多いですが、わんステップでは、塩化ビニルを採用しています。
 
アルミでは無機質感がどうしても出てしまいますが、塩ビであれば可愛い感じに出来上がります。
 
 

また、お尻の部分も丸みを帯びた半円状の形に仕上げています。
 
その代償として、採寸箇所(横幅)が一箇所残ってしまいますし、製造の手間は2倍以上増えてしまいます。
 
しかし、「やっぱり、愛犬には可愛いものを使ってもらいたい」とのことで、この形状を残すことを選択しました。
 
 また、カラーバリエーションも豊富に取り揃えていて、出来る限り、飼い主様の好みに合ったものをご用意できるように準備しています。

 

    参考:車いすもやっぱりおしゃれな方がいい!

 
 

超小型犬や大型犬、4輪にも対応

 

wheelchair-superiorityx7   wheelchair-superiorityx8

 

一つ一つ職人がハンドメイドで作成していますので、チワワなどの超小型犬からシベリアンハスキーなどの大型犬、更には、超大型や特殊な症状のわんちゃん(要相談)まで幅広く対応可能です。
 
 
また、前足の悪いわんちゃんや体力が落ちた老犬などのため、4輪の開発にも力を入れています。
 
2輪⇒4輪、または4輪⇒2輪の改造についても低価格で簡単に対応できるように工夫していますので、必要な際は、是非、ご相談ください!

 
 

最短7日で納品

 

wheelchair-superiorityx10   wheelchair-superiorityx9

 

わんステップは、個人ではなく組織(企業)として活動しています。
 
そのため、納品までのスピードもある程度調整でき、極力、1週間から10日を目途に納品できるように努力しています。

 
 
上記のように、わんステップでは「こだわり」という特徴を意識して、車いすを製造・販売しています^^
 
 
まだまだ、いっぱい伝えたいことがあるのですが、長くなりそうなので、また、別の機会にでもブログにあげようかと思います。
 
わんステップの車いすは、値段だけで言うとお世辞にも「安い!」とは言い難いです(- -;)
 
ただし、「品質」という点においては、何処にも負けない自信があります。
 
是非、上記の点、ご検討の際の参考にされてください。
 
 

自作では作れない職人のこだわりポイントとは?

 wheelchair-superiority3
 
最後に、少しうちの職人のこだわりポイントを紹介させてもらいます。
 
先ほどの特徴のところで「丈夫さ」や「可愛さ」、「アタッチメント」や「幅広いわんちゃんに対応」という話をさせてもらいましたが、この特徴を実現できている理由が、モノづくりを専門にやっている職人が作っているからということがあげられます!
 
ここは、自作では、少し真似できない部分になってくるかと思います。
 
 
わんステップの製造は、ある会社の設備部(工場などの設備を改修・メンテナンスする部署)にお願いしているのですが、言わば、モノづくりのプロです。
 
モノは、少しの隙間があると、そこから少しずつ「ずれ」が生じ、やがて故障や不良の原因になってしまいますが、わんステップの車いすは、その隙間やずれを極力なくすように作成しています。
※「工場長」との愛称を持つ職人「シンゴ」は、ここら辺の妥協は一切許してくれません(笑)
 
また、部品もmm単位で加工・調整をしていきますし、加工についての色々な「」を持っています。
 

    参考:スタッフ紹介

 
 
なので、私(まさと)も製造手順は全て把握していますし、設計書も書き上げましたが、製品として出せる品質の車いすを作ることはできません^^;
 
 
わんステップの車いすは、社長や私達の無理難題な要望を「」と「知恵」で実現してもらい、今の形に出来上がっています。
 
これからも、製造部へたくさんの要望を聞いてもらうことになるかと思いますので、この場で少し、感謝の意も込めて職人さんのこだわりについて、紹介させて頂きました^^