スタッフブログ

heatstroke

犬の熱中症の症状と対処法を紹介!飼い主さんもご注意を。

こんにちは!
 
今年も梅雨に入り、段々と暑い日も増えてきましたね^^
 
梅雨も明けると更に暑い日が続くようになります。
 
そうなると気にしないといけなくなるのが、「熱中症」です。
 
 
飼い主さんも勿論ですが、わんちゃんも人間と同じように、「熱中症」にかかります。
 
今回は、この「熱中症」について紹介していきたいと思います^^
 

熱中症の症状

heatstroke1-2
 

熱中症とは、
 

“暑熱環境下においての人間の身体適応の障害によって起こる状態の総称である”
 

<wikipediaより引用>

 

“熱中症とは、体温が上がり、体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体温の調節機能が働かくなったりして、体温の上昇やめまい、けいれん、頭痛などのさまざまな症状を起こす病気のこと”
 

<みんなの医療ガイド-全日本病院協会-より引用>

 
と定義されています。
 
 

犬は、人間と比べて、汗を出す器官が少ないうえに、体が地面(アスファルトなどの道路)から近いためにより注意が必要だと言われています。
 
 

下記に、熱中症の主な症状を記載しておきますので、参考にしてください。
 

  • 呼吸が荒く、普段より激しい口呼吸をする
  • よだれが普段より多く出る
  • 食欲不振や水分を取る量が少ない
  • 焦点が定まらず、フラフラしている
  • ぐったりして元気がなく、横になって起き上がろうとしない
  • 舌や口の中の色が赤黒くなる
  • 落ち着きのない様子をみせる

 
犬は体温が上がると、体の熱を下げるために「ハァハァ」と舌を出し、激しい口呼吸(パンティングと言う)をします。
 
運動したあとなどによく見かけますね^^
 
ただ、この「ハァハァ」と普段より速く激しい口呼吸をしている状態は、熱中症の初期症状でもあります。
 

運動もしていないのに、このような症状がある場合は、注意が必要です。
 

熱中症を早く見抜き、正しい処置をしてあげましょう。
 
 

熱中症の対処法

heatstroke2-2
 

熱中症に気づいたら、病院に行く前に、応急処置を行ってください!
 

まず、すぐに日陰や部屋の涼しい場所に移動し、水をひたしたタオルで全身を巻いてください。
 
また、保冷剤でワキや首、内股を冷やして体温を下げてあげましょう。
 
 

  1. 日陰で涼しく、換気のよい場所に移動させる
  2. 水を飲ませる
  3. 体に水と風をかける
  4. 保冷剤等(冷たいものを)をタオル・ビニール袋で包み頭と首筋、のど、脇の下、お腹、内ももにあて冷やす

 
上記は、あくまで応急処置ですので、症状が改善しない場合は、速やかに病院へ連れて行きましょう。
 
 

熱中症の予防

heatstroke3-2
 

熱中症は、室内でも起こります
 
昨今、人でも「室内で熱中症になって病院に運ばれた」というニュースをよく耳にしますよね。
 
わんちゃんも同様です。
 
エアコンの入っていない部屋は、高温多湿状態になるので注意しましょう。
 
留守番時もできる限りエアコンを入れておき、いつでも水を飲める環境を準備してあげることが必要です。
 
また、ペット用品のひんやりグッズを利用するのもおススメです^^
 
 

外出時は以下のことに気を付けるようにしましょう。

・お散歩や外出は涼しい時間帯を選ぶ
  夏の散歩は朝晩の涼しい時間帯に行くように心がけます。
  炎天下での散歩は出来るだけ避けるようにしてください。
 
・飲み物を常に持ち歩き水分補給を行う
  水分補給のための犬用の飲み水を持ち歩き、こまめに飲ませるようにしましょう。
  応急処置の時に水をかけるのにも役立ちます。
  うちわや扇子等も常に持ち歩いておくと、いざという時に便利です。
 
・車内を常に涼しくして、絶対に車内に置いていかない
  車で外出する前に、車内をエアコンで冷やしておきましょう。
  また、外出先では、ちょっとの時間だからと言って、車内に犬を置いたまま車から離れるのは絶対にやめてください
  偶然「車のエアコンが壊れてしまう」という可能性が十分あるということを認識してください。
 

 
 

最後に

heatstroke4
 
一般的に、「気道狭窄(きょうさく)」、「肥満」、「子犬」、「老犬」が、熱中症になりやすいと言われています。
 

先ほど、「ハァハァ」と舌を出して、激しい口呼吸(パンティングと言う)で体温調整をすると説明しましたが、「気道狭窄(きょうさく)」などの病気を持っていると、気道が圧迫されて呼吸がしずらく、体温も下がりにくくなります。
 

また、「肥満」も皮下脂肪によって体温が下がりにくい傾向にありますし、「子犬」や「老犬」は、体温調節が上手くできなくなっている可能性があります。
 

ここら辺は、熱中症だけではなく、健康全般の為にも日頃から体重や運動の管理をしてあげる必要がありますね!
 
 

犬の熱中症は、重症化すると命を落とす可能性もあります。
 

様々な臓器障害に対する迅速な治療が求められますので、できる限り早急に病院を受診してください。
 
熱中症は、飼い主さんが犬の異変に早く気が付くこと、そして早く対処を行うことが大切ですが、それ以前に熱中症にさせない心構えが大切です。
 

しっかりとケアをしてあげましょう。
 

また、わんちゃんも大切ですが、飼い主さん自身の熱中症にも十分に注意してくださいね^^